サービス内容

リビング

賃貸マンションを借りる前に、インターネットや不動産会社で探していきますが、情報が見やすく提示されているものがほとんどです。それによって、理想の賃貸マンションを探しやすくなっています。

Read More

変化

マンションとベランダ

時代には流れというものがあり、その流れは賃貸市場でも同様です。仲介手数料や敷金といったものが無料となっている不動産が多くなっています。借りるときの予算も考えながら借りましょう。

Read More

家を建てる

マンションと赤い花

家を建てるときには、どこの業者に依頼するかは重要となってきます。自由度が高いのは設計事務所に依頼した場合です。設計事務所に依頼したときの主な流れについて紹介していきます。

Read More

賃貸の違い

マンションの廊下

引越しをするなら越谷で不動産売買を行なっているこちらで物件検索をしましょう。常に十五万件以上もの物件を取り扱っています。

賃貸物件の種別は大きく分けるとマンションとアパートがあります。賃貸マンションと賃貸アパートの違いですが、賃貸マンションは鉄筋コンクリートで出来た建物、賃貸アパートは木造の建物というように材質によって区別されているようです。 また、賃貸マンションは二階建て以上の建物が多く、各部屋にはユニットバスやエアコンがついています。一方賃貸アパートは一階建てか二階建てが多く、部屋にユニットバスやトイレがついていない物件もあります。 基本的にマンションよりもアパートのほうが防犯性や防火性が低い分、家賃が安くなる傾向があります。駅からすぐ近くにあるアパートでも驚ほど安い家賃で借りれることもあります。家賃重視な人にアパートはお勧めです。

快適な暮らしがしたいなら賃貸マンション、生活費を抑えて生活をしたいなら賃貸アパートが向いています。賃貸マンションはオートロックがついているので若い女性の一人暮らしには最適です。賃貸アパートは家賃が抑えられるのはいいですが、防犯性が低いため、女性には向いていない物件です。また、木造建てで隣の部屋との壁が薄いため、生活音が響くことがあります。その点、神経質な人にも向いていない物件と言えます。 いずれにしても現地下見をしてしっかり部屋の中や周辺環境をチェックする事が大事です。どんな人が住んでいるかは担当者に聞けば教えてくれます。自分と生活スタイルが似ている人が住んでいる物件なら騒音トラブルに巻き込まれるリスクが減ります。

計画を立てながら

語り合うカップル

全てにおいて計画はとても大切です。家を建てるときも、将来のことを考えて購入したり建てたりしていく必要があります。不動産を戸建てかマンションにするのかも最初の選択の一つです。

Read More