計画を立てながら

語り合うカップル

不動産の購入はマンションと一戸建てに大きく分けられ、どちらもメリットとデメリットが存在するため、これらを十分理解し、自分のライフスタイルにあった不動産購入を行うことが重要といえます。 マンションは集合住宅となるため、駅の近くや大型店舗の近くなど好立地の物が多く、値段も手頃な価格となっていることがメリットとなりますが、部屋の間取りの自由がきかないことや、駐車場や管理費と修繕積立費用が毎月かかるというデメリットがあります。 対して一戸建ては広く、ある程度自由な間取りの選択ができることや駐車場もついていることがメリットとなりますが、物件価格は高く、手頃な価格のものは駅から離れたものが多いことや、外構の修繕の手配は自分で行わなければならないというデメリットがあります。

不動産の購入は非常に高価なため、人生において一度きりと思われる方も多くいらっしゃいますが、最近では仕事内容や家族構成の変化によって柔軟に対応する方が増えています。 例えば、4人家族で一戸建てを購入される方は、お子様達が成人し、家を出て行った段階で、自宅を売却し、小規模なマンションや中古マンションなど安価な物件を新たに購入することで、無駄に広い住居を持つよりも、売却して適切な広さ住居を安く購入し、資産を蓄えるという選択が可能となっています。 好立地の物件は、価値が下がりにくく、早期に売れやすいことや、賃貸にしやすいという特徴があるため、将来的に売却することを見越した不動産の選択をすることが需要といえます。