家を建てる

マンションと赤い花

注文住宅というとどういうイメージをお持ちだろうか。雑誌やメディアに取り上げられほかの人とは違う住宅を建てられるというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。こうした住宅の多くが設計事務所でデザインされているものなのです。このほかにもハウスメーカーや工務店などでも注文住宅は建築することができます。しかし工務店やハウスメーカーではある程度規格化された商品も多く材料にこだわったり変形した形の住宅の建築には向いていないのです。設計事務所では打ち合わせの段階から専門の知識を持った建築士と施主でイメージしている住宅を形にしてきます。設計事務所の場合多くの会社ではそこでは設計のみがなされ、施工はまた別会社となることが多いのです。

設計事務所で住宅を建築する際の流れとしてまずは土地を決定する必要があります。設計事務所の中には土地の紹介をしている事務所から土地は別に探す必要があります。建てる土地が決まればその土地に合わせた住宅のデザインを行います。このデザインを相談するだけで料金が発生する設計事務所がほとんどです。中には打ち合わせ何回までは無料といった設計事務所もあります。ここで住宅の設計が決定すれば施工を行う会社を決定する必要があります。施工会社は別の会社であることがほとんどです。多くの場合ここで数社の工務店から見積もりを取り競合をさせるのです。ここで設計事務所は施主と一緒に度の施工会社がよいか施主のサポートをしてくれます。施工会社が決定すれば設計事務所の建築士は施主と一緒に現場の監理をしてくれるのです。